2013/05/02

幸福になりたい?

先日出張の帰りにフランクフルトの空港の本屋さんでたまたま買った本は、The End of Men というセンセーショナルなタイトルで、いかに女性の社会進出が進み、それだけでなく、今では男性を凌駕する勢いで、家庭においてメインのブレッドウイナー(パンを勝ち取ってくる人、つまり稼ぎ頭)になっている、というようなことが書いてあります。一体どこの国でそのようなことが起こっているのか、と興味を持って買ったのですが(アメリカの本でした)、いまいち説得力に欠ける内容で、結局最初の2章だけ読んでやめてしまいました。でも、その中でも「ほう」と思ったのは、 高学歴・高収入のカップルの方が自分の結婚に対して満足度が高いという統計がある、ということでした。これは、単に高学歴・高収入のカップルの方が経済的に安定している、ということももちろん関係していると思いますが、話の要点は働き方の違いにありました。高学歴・高収入のキャリアカップルは、稼げる方が稼ぐ、そして相方はそれをできるだけサポートする、そして、どちらが「稼げる方」かは、流動的なのです。例えば、夫が大学院生である間妻が働いて家計を支え、夫が学業を終えて働き始めたら、今度は妻が、お金にはなりにくいけれどやりがいのある仕事につくとか。そうやって、シーソーのように、稼ぎ頭の役を妻と夫が交代でこなしながらサポートし合う結婚をシーソーマリッジというらしいですが、高学歴・高収入のカップルの方が、そういった柔軟性がある、または対応する余地がある、ということでしょうか。

そう思って周りを見渡せば、少なくとも私の周りでは、シーソーするのが普通、というかんじ。上の例のような幅の大きいシーソーもあると思いますが、日常生活がもう幅の少ないシーソーの繰り返し。子供の諸所の送り迎え(学校やら習い事やら友達の家やらパーティーやら)はその代表でしょう。朝はパパが送ってきて、帰りはママがお迎え、またはその反対、などはよくあるパターンです。また、子供が病気のときなども、仕事を休むのは、休める方。子供だけでなく、例えば今日は水道局の人が来るから家にいないといけない、などの所用も、同じようにシーソーで切り抜けます。これは別に特別ではなく、妻も夫も働いていたら、そうしないとやっていけない、ということのように思います。


先日ノルウェーを訪れたアメリカ人の元同僚(夫婦の夫の方)。前にもブログで書いたと思いますが、夫婦ともコロラドの大学で働いていたのですが、奥さんが大学の仕事に嫌気が指して、ワシントンDCの政府系の研究機関に就職。結局旦那さんはせっかくテニュアもとった大学の仕事を捨てて、同じくワシントンの私設シンクタンクに移ったのが去年の話。新しい職と生活はどう?と尋ねると、まあ、ぼちぼちって感じかな、との答え。彼はコロラド大好き、大学教授の職も天職と思っていた人です。それが、大好きな土地も職も捨てての移動は、そういう言葉を使いたくはない、とは思いながらも、ついつい「犠牲」という言葉が頭をよぎります。そう、彼は奥さんと子供たちのために「犠牲」を強いられた感じです。とはいえ、彼がコロラドをエンジョイしていた頃、奥さんは大変惨めな状況にあったので、そういう意味では、コロラドでは奥さんが「犠牲」になっていたともいえます。このカップルも、そうやってシーソーをしながら、きっとまた何年かしたら、もう少し両方に納得のいく解決策を練っていくことでしょう。そして、一見マッチョな友人夫ですが、奥さんのキャリアのために移動もやぶさかではない、というフレキシビリティーを備えていたのは、ちょっと驚きでした。

そう思うと、フレキシビリティーとか柔軟性、というのは、幸せになるのにはけっこう大切なのかもしれません。だいたい、「幸福」とは定義しにくいものですし、かなり主観によるところがあります。また、多面的で、この面では自分は幸せだが、こちらの面ではあまり幸せではない、ということもあるかと思います。A点からB点に移動すると、全ての面でより幸せ、というパレート最適な状況は稀であり、ほとんどの場合、なにかしらのトレードオフが強いられるものです。また、A点からC点に移動すると、総合的に見て今より幸せ、という状態であっても、移動すること自体にコスト(金銭的、精神的、時間的など様々)がかかる場合、なかなか行動を起こすのは難しいでしょう。しかし、そういうときに、さらっと移動できる人のほうが、やはり幸せになりやすいのではないでしょうか。そして、例えば高学歴・高収入のカップルの方が、そういった行動を起こすハードルが低いのかもしれません。つまり、上で述べた高学歴・高収入のカップルの方が結婚に対して満足度が高い、という結果も、単に経済的に恵まれているから、ということ意外に、この人たちのほうがA点からB点、またはA点からC点に移動することが可能だからではないでしょうか。シーソーマリッジは、そういった移動の例とみることもできます(この場合、時間という軸も加わったダイナミックオプティマイゼーションですね)。

もちろん、これは研究の結果辿り着いた結論ではなく、単なる(勝手な)仮説にすぎません。機会があったらぜひ研究してみたいテーマではあります。幸福でない、という状態は、どこに行ったら幸せになれるのか、という地点(B点やC点)がわからないからなのか(現実可能な範囲でね)、それとも、分かっていても様々なコストがかさんで移れないからなのか。それとも、その両方なのか。あまり幸福度の高くない日本で幸せになる秘訣が隠れているかもしれません。

0 件のコメント:

コメントを投稿